2019年2月20日

🌈子どもとことばの世界①🌈

🌈子どもとことばの世界①🌈

~今井和子先生から学んだこと①~

【言葉の育ちの乱れは心の育ちの乱れ】

言葉=言霊
言葉には魂が込められている

社会に貢献する子に育てる 
乳児期は、言葉はまだ言えなくても
人に伝える喜びは知っている。

自己信頼と他社信頼が合わさって
『自己肯定感』となる

日本の子どもの
『自己肯定感』は36.1%

『自己肯定感』は
生まれた時から持っていない
私たち大人が育むもの
(佐々木正美先生の言葉より)

『自己肯定感』を育むのは、
大人の責任である

【いじめをする子には
共通した口癖がある】

…心が乱れた子どもたち…

いじめをする子の口癖は
「どうせ自分なんて」
「やっても無駄、無理」

およそ410,000件 (41万件)
何の数字でしょう?

引きこもりの子どもたち若者の数 
約41万件

引きこもりは日本にしかない現象だと
アメリカのジャーナリスト
マイケル・ジーレンガ―は言っている。
(『引きこもりの国』を紹介)

今井和子先生は、セミナーの冒頭に

『子どもの状況』と、
『大人の責任』を
はっきりと打ち出してくださいました。

『子どもの育ち』
私たち保育士(大人)の役割

これをど真ん中に据えて
和子先生のお話

~はじまり~
~はじまり~

             続く…